Amazon Kindle Unlitied

【30日間無料】Kindle Unlimited6か月使ってみたまとめ・無料体験

悩んでいる人

「kindleUnlitiedの読み放題って初回無料だけど実際どんな感じなのか気になる。自分の為に読書をしたいけど毎月本を買うのも高いから読み放題にしてみたい。実際に使ってみた感想を教えて!」

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • Kindle Unlitiedの基礎情報
  • Kindle Unlitiedを半年利用したリアルな感想
  • Kindle Unlitiedのメリットデメリット
  • Kindle Unlitiedの登録方法
  • Kindle Unlitiedの無料体験で注意する事

今回は「Kindle Unlitied」についてお話していきます。

結論、「初月30日間無料」なので毎月1冊以上の本を購入している方は登録する事をおすすめします。

悩んでいる人

買った本を放置したり読まなかったりして困っているんだよね。

読まなくなったらメルカリで売るのも正直面倒だよね。

こんな悩みを持っている方はいないでしょうか。今回はこの悩みは全て無くなりストレスも軽減しますよ。

私は過去にどうしても本は紙書籍として残したいという思いからKindle Unlitiedは避けてきました。

しかし、興味本位で登録して既に6か月以上経ちましたが、毎日の通勤時間やスキマ時間に読書が気軽に出来るので知識や行動出来る力が身に付きました。今こうしてブログで情報発信しているのも1つの要因です。

今回はメリットデメリットもまとめているので是非悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

それでは前置きはこの辺にして、早速ご紹介していきます!

>>Kindle Unlitied30日間で無料体験をする<<

Kindle Unlitiedの基礎情報

Amazonの電子書籍読み放題サービスです。200万冊以上、好きな端末で読み放題が出来ます。月額980円で小説、自己啓発書、雑誌や漫画など幅広く書籍が読めます。

Kindle本に最適化された「Kindle端末」で読めるほか、スマホ、タブレット、PCなどでも利用出来ます。

>>Amazon Kindle端末を購入する方、検討している方はこちら<<

Kindle Unlitiedの無料体験

Kindle Unlitiedは初回30日間は無料で利用できます。無料体験終了後に月額980円のサブスクリプションサービスになっています。

料金980円
無料期間30日間

料金プランも1種類のみなので分かりやすいですね。

もし毎月1冊以上本を購入している方は試しに登録してみる価値はあります。

30日間無料体験はお試しには嬉しいですね!

Yamaki

Kindle Unlitiedを使ってみた感想・口コミ

続いては実際に私が半年間使ってみた感想と読んだ書籍などを紹介します。

結果的には、登録してよかったと感じます。

もちろん登録するまでは「本を形に残したい」「読むなら電子より書籍」と考えていましたが、結果的には電子版にして良かったです。その理由を下記にまとめます。

  • 良かったこと
  • スマホ1台あればどこでも読める
  • 持ち運びがなくかなばらない
  • 読めない単語などはタップする事で調べれる
  • 良くなかったこと
  • 全ての書籍が読み放題という訳ではない
  • 電子なので目に負担がかかる

上記については後ほど紹介する「メリット・デメリット」でも説明しています。

読書をこれから趣味にしたいけど何を読めばいいか分からない!」という方こそ、Kindle Unlitiedでたくさんの書籍に触れるというのはいいのではないでしょうか。

アプリ版のホーム画面
マイページ画面
マイページ画面
マイページ画面

Kindle Unlitied良かった口コミ・評価

どんなものか、と思って探してみたところ、意外にも豊富なコンテンツが存在していたことに、まず驚きました。
中でも最も目を引いたのが、ハリー・ポッターシリーズが全作対象という太っ腹ぶり。
分厚いあの本を手にして、夢中で読んでいたあの時を懐かしく思い出しました。
今でも某テーマパークが筆頭となって世界観を発掘し続けているこの物語、いま一度目を通し直すのもいいかもしれません。

引用:みん評

印象としては自己啓発書が多くて、漫画とか小説はあんまり含まれていないなあという感じです。近年のベストセラーも読み放題の対象に入っているものは少ない。ただ、読み放題対象じゃなかったら絶対に目にとまらなかっただろうなという、今まで完全にスルーしていた本を知ることができるのはいいと思う。

引用:みん評

主にビジネス本や雑誌を読んでいますが、閲覧記録から関連する本やオススメの本を紹介してくれるので、本を探すのがとてもラクです。じっくりと読む小説はやはり紙の本がいいなぁと思いますが、多くの情報を広くいろんな本から集めたいという場合にはkindle は便利だなぁと思います。

引用:みん評

Kindle Unlitied良くなかった口コミ・評価

利用できるのは対象の書籍のみで、すべて読み放題というわけではないので注意が必要です。売れ筋の本や新刊はほぼ利用できません。対象書籍は、少し前に流行った自己啓発本や、売れ筋ではない漫画などが多い気がします。

引用:みん評

読みたい本は全て読み放題ではありませんでした。
気を取り直して適当に探したら興味ありそうなのは1巻だけ読み放題で2巻以降は有料みたいな。

引用:みん評

良かった口コミとしては「自己啓発本」が多い印象で、普段なら知る事のない本に出会えた、読みたい本が簡単に探せるというのは多い口コミでした。

良くなかった口コミとしては、読みたい本がない、全て読み放題ではないという点でした。

Kindle Unlitiedのメリット

上記でも説明した内容を踏まえてメリットデメリットを簡単にまとめます。

メリット①:いつでもどこでも読める

場所を問わずに読めるのは大きなメリットですね。購入する時もスキマ時間に本を探せてダウンロードするだけなので実際に店舗に行く手間もありません。

私は実際にこれで通勤中や友人との待ち合わせ時間に読むようになりました!

メリット②:様々なジャンルの書籍が読める

読み放題なので今まで触れてこなかったジャンルの本に触れる事が増えました。

今まで小説や資格取得に向けた参考書などしか触れてきませんでした。Kindle Unlitiedで自己啓発書に触れる機会が増えて新しいジャンルに出会うきっかけになりました。

Kindle限定出版などもあるので読み放題と考えたら本を読む事に値段を考えて悩むという時間がなくなったのは大きいと感じます。

メリット③:オフラインで読める

ダウンロードすればオフラインでも本を読むことが出来ます。実際に本をダウンロードする時はどうしても通信を使うので気になる部分ではありますが、Wi-Fi環境下でダウンロードさえしておけば安心です。

メリット④:無料体験がある

冒頭でも説明していますが、初回30日間の無料期間があるのは嬉しいですね。もちろん試してみて魅力に感じなければ無料体験のみでも大丈夫です。

私は試しに登録したら結果的にKindle Unlitied派になりました!

メリット⑤:月1冊以上で元が取れる

書籍は1冊あたり約1000円~2000円ほどです。古本屋でも人気書籍であれば1000円程します。そう考えると1冊以上毎月1000円近くにお金を使っている方は絶対にKindle Unlitiedにする事をおすすめします。

Kindle Unlitiedのデメリット

デメリット①:全てが読み放題という訳ではない

全ての本が必ずとも読み放題という訳ではありません。ここは勘違いする方もいますので注意してくださいね。

登録した当初はどんな書籍も読み放題という認識で使っていましたが、最近出た人気書籍やベストセラー作品などは基本的に購入して電子書籍版として読むという流れです。

ギャップが生まれる可能性もあるので、デメリットとして挙げます。

デメリット②:保存できる書籍は10冊まで

ダウンロード出来る書籍は10冊までと決まっています。「ライブラリ」に保存されますが、10冊ある状態でダウンロードすると1冊以上削除しなくてはなりません。常に読みたい本があった場合はお気に入りしておくという手間があります。

デメリット③:形として残らない

電子書籍は当然形として残りません。紙書籍として保存したい場合は別途で再度購入する必要があります。幸い私は電子版で満足していますが、中には紙書籍で残したいという方もいるので注意したい所ですね。

支払い方法

Kindle Unlimitedの支払い方法は、以下になります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 携帯決済(ドコモ・au、ソフトバンク)

Amazonのアカウントを既に持っていてクレジットカードを登録をしていれば、新規に登録入力する必要はありません。

Kindle Unlitiedの登録方法

登録方法を解説します。

Amazon Unlitiedの「30日の無料体験を始める」をクリック。

サインインをクリック

※Amazonアカウントをすでにお持ちの場合です。登録状況によっては表示する画面が異なる場合があります。

するとAmazonアカウントにログインする画面が出てきます。

ログインする

ログインして、ここからアカウントにログインして登録が完了になります。

アカウントを既に持っていれば簡単に登録できますね!

Yamaki

>>Kindle Unlitied30日間で無料体験をする<<

Kindle Unlitiedの無料体験で注意する事

続いてKindle Unlitiedを無料体験する上で気を付けるべき点を簡潔に書いていきます。上記で説明した箇所と被る所もありますのでご了承下さい。

①:解約したい方は自動解約を設定する

30日間無料体験の間は料金はもちろん発生しませんが、自動更新となっているので「31日目」になった瞬間に課金対象となるので気を付けましょう。

今後も使いたい!という方は気にしなくても大丈夫です。

解約の仕方についてはこちらで確認してください。

解約の方法

赤枠の部分をクリックしてキャンセルを押せば解約が出来ます。

②:すべてが無料ではない

上記でも説明しましたが、全ての書籍が無料ではありません。

中には読み放題対象外もあるので知らずに購入してしまう場合もあります。

Kindle Unlitied対象の本

赤枠の「Kindle Unlitied」と記載がある書籍のみ読み放題となっています。

この記載であれば、読み放題の対象なので必ずチェックするようにしましょう!

まとめ:月1冊以上買う人はおすすめです!

今回はKindle Unlitiedの無料期間についてやメリットデメリットを紹介してきました。

最近では読書をする人も徐々に増えていると感じます。30日間は無料で利用は出来るので、まずは登録だけでもしてみて興味のある本を読んでみましょう。

読書も慣れれば楽しくなりますし、今後のキャリアにも大きく影響するはずです。

月1冊以上購入している方もまずは登録してみて、これを機に電子書籍に切り替えるきっかけにしてみてください!

>>Kindle Unlitied30日間で無料体験をする<<

  • この記事を書いた人

yamaking

【経歴】日本大学法学部➡メディア業界で営業➡ベンチャー企業人事➡2022年2月 Yamaki Blog開設➡ブログ運営トップ目指します! 岐阜県出身千葉住み副業ブロガーの24歳

-Amazon, Kindle Unlitied
-, , ,